周防鋳銭司跡 半世紀ぶりの発掘調査現地説明会2017年11月03日 20:14

周防鋳銭司跡現地説明会
11月3日周防鋳銭司遺跡 発掘調査の現地説明会
  (バックに見える工場は「セキスイハウス山口工場」)
第3次発掘調査が9月に入って本格的に行われて、
10月には雨も多い日が続きましたが、かなり進んだそうです。
今日は説明会が行われました。(自転車で2.8km駆けつけました)
山口市教育委員会 青島啓氏
山口大学学術研究員 齊藤大輔氏
そして、「お金」の専門先生 山口大学人文学部教授 田中晋作氏も
同伴されていました。
青島さんに伺うと、午前中は80名の参加と言われていました。
午後の説明会では40名ぐらいでしょうか。
Bブロック=井戸と炉の跡  水が湧いてきています。
Aブロック=門柱跡、柵列跡  ここが門とすれば東西の中心で
       貨幣造りの敷地の広さが想像出来るとの事。
Cブロック=川の跡地で沢山の「ふいご」が出て来ている。
       ここは使用済みのふいごの廃棄場所との事。
出土品の数は、まだまだ20分の1ではないかと思われるそうです。

周防鋳銭司跡 半世紀ぶりの発掘調査2017年09月13日 18:05

周防鋳銭司跡
古代の造幣局、山口市「周防鋳銭司跡」の本格的な発掘が始まりました。
山口大学(岡正朗学長)と山口市の連携で、昭和46年以来となる調査です。自転車で自宅から2.8kmの積水ハウス山口工場そばです。
私が中学生の頃始まった記憶があります、山大生だった実兄から聞かされました。国指定史跡3万8000㎡の内これまで5%しか調査されていません。山口市の文化財保護課の青島啓さんの説明では「機械で削っていたら思わぬ浅い所から、溝の遺構らしき色違いの土が出てきたのでここからは手作業です。藤原純友の乱により焼かれた黒い土まで一気に掘る予定でしたが時間がかかります。先日の雨で西側のようにプールもあります。ここが焼失した後に移転したであろう鋳銭司・陶地区の鋳銭坊や鍛冶屋の由来にまで調査の成果を導きたいです」と語っておられました。作業は業者さんと山口大学学生さん、10月は地元の人も手作業に加わります。
発掘作業中は見学は自由です。(Facebookにも掲載)
氏神様の「春日神社」に、当時の古図が大絵馬で画かれています。
貨幣を鋳造した由来の地名があります。
今のJR山陽本線あたりまで海で、海岸線だった様子も描いてあります。

山口秋穂湾「第27回えび狩り世界選手権」2017年09月03日 16:00

秋穂、えび狩り
第27回になりました山口市秋穂中道海水浴場での「えび狩り」大会。
自宅から自転車で14kmちょうど1時間です。
今年は海外から31人、招待者含めて1600人の参加です。
昨年は台風の心配がありどんよりした天気でしたが、
今回は好天気に恵まれました。
NHKの取材も行われています。
ドローンが2機、海側と丘側で飛んでいました。
あちらこちら掘り起こした跡があらわに見えています。
脱げ落ちたゾウリが所々残っていました。
放流16,000匹で1600人で割ると10匹/1名ですね。
優勝者は135匹、山口市内の男性で応募ハガキ17枚出して
2枚当たって初めての参加だそうです。
2位は女性で119匹、3位も女性で102匹でした。

第21回アートふる山口で2016年10月02日 21:29

「けさぶろう」
先々週、小鯖神社でお会いした「山口発動機保存会」の
山本会長さんからお聞きしていたクラシックカーの展示。
「アートふる山口」のイベントの中の会場「伝承総合センター」を
訪ねてみました。

山本さんの軽三輪トラックの「けさぶろう」荷台では
ギター弾き語りの女性歌手が懐かしい局を歌っておられました。
けさぶろうの荷台に乗って歌えるのは、この歌手の方だけだと、
歌手本人が言われる決まりがあるとかないとか・・・。
麦わら帽子、ちょうちんもいいですね。

入口には最近は見ない井戸ポンプを据付。
何メーター穴を掘ったのか???水は満遍なく出てきます。

クラシックバイクも一緒に展示されています。
「スポーツカブCS90」のオーナー玉井さん(萩市から)とも
一文字ハンドルやバックステップなどのお話しをお聞きしました。

山口市秋穂えび狩り世界選手権2016年08月28日 13:55

秋穂中道海水浴場でえび狩り
クルマエビ養殖発祥の地、山口市秋穂の中道海水浴場で
行われる「あいおえび狩り世界選手権」も第26回になりました。
1600名の選手は、応募の中から抽選で選ばれた人・家族・グループ。
今年は、36倍の競争率だったそうです。
県外はもちろん、外国からはアフリカ・東南アジア等13ヵ国参加です。
網で囲まれた海水浴場に車エビ15,000匹を逃がして、
潮が引いた時間の合間に浅瀬に入って手づかみする競技ですが、
一人10匹の計算ですが、これがなかなか難しい。
砂に潜っていたり、波に流れて舞い上がった砂に逃げ込む。
過去最高は180匹以上捕まえた記録がある。
毎年、優勝者は110~130匹採っているそうです。
逃げ切ったエビは、翌日まで砂に隠れて網が取り除かれて海へ。

ちょっと自転車で2016年07月10日 18:30

秋穂 大海と秋穂湾
朝、地区の草刈り作業を終え少し気晴らしに自転車で。
今日は台道大海方向に、時計回りコースで走ってきました。
 32kmぐらい、2時間半でユックリ走行。
朝から曇りで太陽は隠れていますから走り易かったですね。
大海の多目的ドームは玉子型で「らんらんドーム」と言われています。
運動場や、交流センターが併設されています。
国民宿舎「秋穂荘」の下の砂浜では、もう夏ですね、
家族連れが泳いでいます。
自転車には日差しが無くて良かったのですが、海岸線はちょっと
かすんで残念です。右の島は3kmぐらい沖にある「竹島」です。

布袋草2016年07月09日 22:25

布袋草
道路側の池に、「布袋草」が花をつけました。
7月~9月までは十分楽しめます。
現在は白っぽい花びらですが、秋に近づくと紫色が
はっきりして来ます。右の写真は3年前の9月の画像です。

田園地帯の麦秋2016年05月23日 19:00

5月下旬の麦秋
今月末には一斉に麦刈りが始まるでしょう。
まだ数羽の雲雀の親鳥らしい鳴き声が空高く聞こえます。
雛たち大丈夫かな?
早く巣立ちして飛んで行ってね。
ウォーキングのルートは黄金一色です。

山口県セミナーパーク2016年04月08日 14:31

セミナーパーク
山口県セミナーパークの雨上がりの4月中旬
「ガマの花」「なしの花」「カリンの花」「ジュンベリー」
桜の終わりの時期でも、いろいろ花が咲いています。

山口市岩屋山の桜2016年04月08日 14:26

山口市岩屋山
我が家の檀那寺で山陽花の寺として知られた
「岩屋山地蔵院」の4月初旬のさくら
「鬱金桜」「麒麟桜」「シャクナゲ」