D-PRSの設定に必要なJavaのJnaファイル2016年11月24日 22:46

jna.jarダウンロード
D-PRSのI-GATE立ち上げの手順を参考に書きます
①DPRSInterface.zip
http://www.aprs-is.net/DPRSInterface.aspx
からダウンロードして、解凍した全ファイルを新しいフォルダーに
コピーします。以下「DPRSInterface.pdf」に載っています。

②jarファイルの起動にJAVAが必要
もしPCにjavaが無いようでしたら無料ダウンロード
https://www.java.com/ja/download/
javaがインストールされていれば、「javaのアイコン」がファイル名に
付きます。

③DPRSInterface.jarの起動の前に、JNAが必要
D-PRSのVer.4.3からConfigureの設定画面の表示に必要な
jarのファイルのダウンロードです。
https://github.com/java-native-access/jna#download
から、上記画面画像の2つのファイルをダウンロードして
ファイル名を、ダウンロードして出来た余計な数文字を省き
「jna.jar」と「jna-platform.jar」に書き直して、D-PRSの解凍した
全ファイルをコピーして移した同じフォルダーに置きます。

④cmdコマンドプロンプトで立ち上げ
jarをPCのcmdプロンプト画面にして、DPRSの解凍ファイルを
コピーしたディレクトリーにcd>で移り、DPRSInterface.jarを入力、
Enterで起動。
又は、直接「DPRSInterface.jar」をダブルクリックで起動。

⑤DPRS設定画面
DPRSInterface.jarを起動したら、ToolsのConfigureをクリックで
設定画面が表示されます。(jna.jarが同じフォルダーに無いと表れない)
 CallSign   ID を入力
 シリアルポート選択
 認証番号入力(JA6NKA池上さんから送られてきた認証番号)
 ポート番号(専用サーバーd-prs.d-str.info:14579)日本国内のみ
 ビーコン(チェックして、経緯度とコメントを入力)

⑥メニューのFileのStartjavaAPRSsrvrでサーバーに接続される。

確認は、http://log.d-star.info/usr/usr_menu.php
の「D-PRSサーバー稼働状況 DPRS01 DPRS02」項目の
01か02をクリックしてI-GATE局のリストに表示されていれば
うまくサーバーに接続されている。

ご参考になればと思い掲載
DVモード対応無線機とPCデーター通信ケーブルの説明は省きます。

D-PRS「I-GATE」をJE4YKJの社団局に移行2016年11月18日 17:08

D-STARのD-PRS「I-GATE」を、新山口駅サイドにて
個人コールJJ4JIR-Iで運用してましたが、MyCallで移動の事と
今後のアクセスポイントの事も考え、今日から社団局「JE4YKJ-I」に
移行しました。
周波数438.010MHz D-STAR I-GATE=JE4YKJ-I 1段GP
旧DV機種でも位置情報送信すればGoogleMapsAPRSに反映されます。

下記は従来通り
APRS=JE4YKJ-1 デジピート144.660MHz 1200bps 3段GP
エコーリンク=JE4YKJ-L 430.960MHz TSQ:NO 3段GP