D-PRSの設定に必要なJavaのJnaファイル2016年11月24日 22:46

jna.jarダウンロード
D-PRSのI-GATE立ち上げの手順を参考に書きます
①DPRSInterface.zip
http://www.aprs-is.net/DPRSInterface.aspx
からダウンロードして、解凍した全ファイルを新しいフォルダーに
コピーします。以下「DPRSInterface.pdf」に載っています。

②jarファイルの起動にJAVAが必要
もしPCにjavaが無いようでしたら無料ダウンロード
https://www.java.com/ja/download/
javaがインストールされていれば、「javaのアイコン」がファイル名に
付きます。

③DPRSInterface.jarの起動の前に、JNAが必要
D-PRSのVer.4.3からConfigureの設定画面の表示に必要な
jarのファイルのダウンロードです。
https://github.com/java-native-access/jna#download
から、上記画面画像の2つのファイルをダウンロードして
ファイル名を、ダウンロードして出来た余計な数文字を省き
「jna.jar」と「jna-platform.jar」に書き直して、D-PRSの解凍した
全ファイルをコピーして移した同じフォルダーに置きます。

④cmdコマンドプロンプトで立ち上げ
jarをPCのcmdプロンプト画面にして、DPRSの解凍ファイルを
コピーしたディレクトリーにcd>で移り、DPRSInterface.jarを入力、
Enterで起動。
又は、直接「DPRSInterface.jar」をダブルクリックで起動。

⑤DPRS設定画面
DPRSInterface.jarを起動したら、ToolsのConfigureをクリックで
設定画面が表示されます。(jna.jarが同じフォルダーに無いと表れない)
 CallSign   ID を入力
 シリアルポート選択
 認証番号入力(JA6NKA池上さんから送られてきた認証番号)
 ポート番号(専用サーバーd-prs.d-str.info:14579)日本国内のみ
 ビーコン(チェックして、経緯度とコメントを入力)

⑥メニューのFileのStartjavaAPRSsrvrでサーバーに接続される。

確認は、http://log.d-star.info/usr/usr_menu.php
の「D-PRSサーバー稼働状況 DPRS01 DPRS02」項目の
01か02をクリックしてI-GATE局のリストに表示されていれば
うまくサーバーに接続されている。

ご参考になればと思い掲載
DVモード対応無線機とPCデーター通信ケーブルの説明は省きます。

コメント

_ JE4XWS ― 2016年11月26日 18:22

JJ4JIR局、早速の回答ありがとうございます。
jnaとjna-platformは入れていましたが、ファイル名を変えることには気が付きませんでした。
当局は拡張子?(jar)なしで動きました。
configureが開くようになったので、設定を進めて行きたいと思います。
今後共、宜しくお願い致します。

_ jir ― 2016年11月26日 23:04

了解です。
サーバーでも接続OKみられました。
電波の届く範囲でI-GATEが少しずつ増えればいいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jj4jir.asablo.jp/blog/2016/11/24/8259974/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。